魚へんに弱いと書いて鰯

弱いわたしへ弱い君へ

本当に行きたい場所や会いたい人

わたしは、自分の気持ちがよく解らないことが、本当に多い。

 

感じる事を放棄した、蓄積した瞬間は、痛く重い。

 

本当にすべてにおいて、無責任な人間だった、今もまだ治ってない。

 

本心に蓋をしたままで、いつも疲れた、けっきょく迷惑をかけてしまう。

 

どうすれば、治せるのだろうか。

 

どうすれば、生きられるんだろう。

 

大人になったね、とか、相変わらずだね、とか、

 

そんなこと、言われたくない。

 

なにも知らないで、解ったような事、

 

言わないでよ。

 

不満が溜まっているのに、

 

そんな自分を恥じに思って

 

首を締めてばかりだ。

 

 

贖罪

他害と自傷が ひどい時期があった

 

友達をとても傷つけて 絶縁された

 

友達の選択は 間違いなかったし

 

私は その時 罪を償う機会を 放棄した

 

自分の行動より 被害妄想が勝ち 

 

言葉ではなんとでも書けるが

 

私は 彼女に酷い嫉妬をしていて、そして嫌いだった

 

自分が 嫌いなくせに 嫌われたい一心と

 

堪え難い怒りと お門違いの感情を

 

罪もない その人に ぶつけてしまった

 

申し訳ないとか、悪かったとか、

 

言葉にならない感覚と

 

傲慢にも 許しを請いたいと 感じている

 

あの時は 仕方なかったの わかって 欲しいんだ

 

それが とても 気持ち悪くて

 

尚更 申し訳ない

 

あの時、無理に付き合わず 静かにしていられれば

 

あんな酷いことに ならずに済んだかもしれないのに。

 

 

広告を非表示にする

合わないのに

合わない人と どうして 必死になって 対峙するのか

 

私も偽善の善意を 垂れ流して

 

必死に 存在を証明しようとしてしまう

 

ふわっと 認めてくれる 健康な人は無視して

 

交流に問題のある人 を 必死になって 追いかけようとする

 

気持ちの悪い人と対峙してしまう 寄って行ってしまう

 

それは、私の自己に対する価値観が そのようだからだ

 

嫌なのに 無意識は そうなっているんだ

 

それはもう 今この瞬間に これを選ばないと 決めるしかない

 

私の無意識は 随分 ふてくされているようだ 困った

広告を非表示にする

あなたのことを

 

認めてあげたい

 

それは

 

強烈な

 

自己投影

 

あなたは

 

わたしの鏡

 

わたしは

 

あなたの鏡

 

 

広告を非表示にする

恥ずかしい

生きていて、恥ずかしい

 

自分なんて、、って、つい言っちゃう

 

だけど

 

ほんとうは、一生懸命生きてきた

 

迷惑かけて、のたうち回って

 

恥ずかしい自分で、生きてきた

 

生きていて、恥ずかしい

 

でも、そんな自分も嫌い

 

ビンタしたい

 

しっかりしろよ!と、言ってやりたい

 

バラバラの、わたし

広告を非表示にする

弱みをみせられるか

他人に、自分の弱みを見せられるかどうかが

 

生き残る、生き抜く為の、必修科目である

 

受け止めて貰った経験が少なく、

 

傷ついていると、

 

これが、非常に難しい。

広告を非表示にする

広告を非表示にする