魚へんに弱いと書いて鰯

弱いわたしへ弱い君へ

ほんとうのきもち

わたしの育った家は、祖母も母もアルコール依存症で、祖父はそのことに無関心だった。

 

父と母はわたしが4歳の時に離婚した。

 

2歳半頃に、両親が別居して、母方の実家へ一緒に引っ越した。

 

途切れ途切れに、親子3人で暮らした記憶が残ってる。

 

無い方が、幸せだったかもしれないけれど

忘れられない。

 

わたしは、父が大好きで、母は愛されるわたしが妬ましかったようだった。

 

晴れたり、豪雨雷雨の極端な、

感情に無責任な母の性格に、

父の父自身の感情に無関心な性格に、

ずいぶん、傷ついて、育ってきた。

 

今日は、ずっと胸の奥に押し込めてきた、

 

わたしが、嫌だと感じていることをわかって欲しい。

 

その感覚が溢れて、溢れて、溺れている。

 

それは、わたしのこれからの、明日からの人生に

とても喜ばしいことだけれど、

今は、感覚が再現されてるみたいで、苦しく辛い。

 

わたしが、とても嫌だと感じていることを、

わかって欲しかった。

 

お母さん、お父さん、おじぃちゃん、おばぁちゃん、、おじさん、おばさん、、、

 

その感覚を、再現し続けた、

これまで関わった、すべての人

 

その人には、なんの責任もないけれど、

 

わたし、とっても、嫌だった。

嫌だと、言えなくて、

 

家族には、言っても通じなくて

 

ほんとに、辛かった。

 

 

 

 

広告を非表示にする